厚木で一戸建てを建てると治安がいいので安心

メインイメージ

駅近を条件に選ぶ

駅近を条件に選ぶ厚木の一戸建て住宅

一戸建て住宅を購入する際には人によって選択基準が異なりますが、厚木で購入する際にも基準とする条件を決めてから探すことが大切です。目的が決まっていないと物件を見ても絞りきれなくなりますので、住みたい地域を決めておくことが大切です。郊外の静かな環境を希望するのもいいですし、厚木の駅近を条件にすることも良い選択ですが、販売価格に関わるものですから予算計画のためにも住む地域については最初に決めることが大切です。

駅近の条件で探す場合には販売価格が鍵となってきます。利便性の良い土地ほど地価が高くなりますので、駅に近い便利なところは販売価格も高くなります。土地が高いとその分だけ高くなりますので、予算が厳しくなることがあります。融資額については年収からある程度決められてしまいますので、自己資金がなければ購入できない場合も出てきます。予算に係る問題ですから、
物件の良さだけにこだわらず、厚木で住みたい地域を決めることが基本となります。

駅近で探す場合には地価の高さから面積の小さな土地を購入することも可能です。面積が小さければその分建てられる建物も面積も小さくなりますが、建ぺい率は中心部ほど大きくなりますので建てられる建物に関しては特に問題がない場合があります。建ぺい率は地域によって様々ですが、郊外で60%であれば100㎡の土地に対して1階の床面積は60㎡までとなりますが、中心部で80%であれば80㎡まで計画することが可能です。厚木でも地域によって建ぺい率や容積率は変わりますので、それによって建てられる一戸建ての面積も変わります。

建ぺい率は1階の建築面積に関わりますが、容積率は縦方向に関するものですから階層に関わる基準となります。容積率が200%だと100㎡の土地に対して延べ床面積で200㎡までの一戸建てが建築可能です。400%であれば400㎡までとなりますので、容積率の大きい都市部では階層の多い建物にすることが可能です。地価の問題から面積の小さな土地を購入しても、建ぺい率や容積率によって床面積の大きい建物を建てることが可能ですから、土地選びの基準とすることも可能です。

厚木でも建ぺい率や容積率の違いから土地が狭くても大きな建物を計画することは可能ですが、一般に土地の制約が大きくなるほど建築費用が割高になってしまいます。土地の面積が小さいと間取りプランにも制約が出てくるため階数を多くすることになります。階層は建築費用の安い木造では2階建て程度ですが、建築費用が高くなる鉄骨造や鉄筋コンクリート造では容積率の範囲内で階数を多く計画することが可能です。”