解体工事をする場合の業者を探す白書

メインイメージ

解体プラン

解体工事を依頼する時の解体プラン

家屋やビルの解体工事を依頼する時は、決まった流れがくまれていてそれぞれの業者からの解体プランに沿って契約が行われます。建物を解体工事した時には書類の提出が必要にもなり書類の作成や提出期限が決まっているので、一連の作業の流れにいくらかの期間が必要になります。

まずは解体工事を依頼したい業者を探すところから始まりますが、問い合わせをした時に業者の側からおおまかな概算見積もりなどが提示されることがありますので、この段階ではどこの解体業者に依頼をするかを検討します。依頼をしたい解体業者が決まっている段階でも、本契約の前に業者が現地の確認を行います。これはどのような方法で解体工事が行えるか、重機の利用は可能か、現地の土地の状況なども作業に入る前に把握しておく必要があります。解体プランにはこのような確認があり、そこから具体的な見積もり費用が決まっていきます。

現地の確認が出来ましたら、こちら側からの要望や現地の状況をもとにして正式な解体工事の見積書を作成され、解体業者の方からスケジュールの説明があります。その後の作業に納得が出来ましたら本契約がここで交わされます。そして実際の作業に入る前に現地の綿密な調査が行われます。解体工事に入る前に建築物の延床面積が約80平方メートル以上あった場合は工事の7日前までに必要書類の提出があり、書類作成が行われて各自治体に提出となります。

その後の解体プランには、まず近隣に対して解体工事に関するご挨拶と説明が行われます。そして解体する建物には養生シートが覆われ近隣の騒音や迷惑にならないように準備が行われます。ここまでの準備が完了したら建物の内装の解体から行われます。この段階では作業員の手作業により備品の撤去や内壁などの解体が行われます。

建物の内装までの解体が行われたら、今度は外装の解体を重機を使って行います。建物のおおよそが解体出来たら、その次の作業として建物や家屋を支えていたコンクリートなどの基礎の解体が行われます。ここまで解体作業がすすめられたら、現地には何も残らなくなりますが、さらに重機などによって解体工事を行った現地の整地作業が行われます。この流れで建物の解体が行われていきます。ここまでの段階まですすみますと大方の解体プランがすすんだこととなり、ここで依頼者に実際に現地の確認を立ち合いで行います。最終確認が出来ましたら解体工事の作業は完了ということになります。