解体工事をする場合の業者を探す白書

メインイメージ

騒音に関する内容

解体工事を行う際に騒音に関する内容について

解体工事を依頼する場合では、専門業者に依頼することによって、速やかに作業を行うことができます。業者選びに関しては、インターネットなどを利用すると、住宅などの建っている地域をカバーしている業者を見つけることができ、その中でも一定の実績を持っていたり、解体工事に必要とされている機材や手法なども充実している企業を見つけることがおすすめになり、事前に現場を実際に確認しながら、しっかりとした見積もりを提示してもらうことが必要になります。そんな中、実際に解体工事を行う場面では、騒音について問題視されてしまうことがあります。解体する住宅など、建造物の種類によっても大きく異なる部分となりますが、比較的コンクリートを多く使用している建造物の場合では、騒音と共に振動なども気になる部分となってしまうことがあります。例えば一般的な住宅街に建っている一戸建て住宅で解体工事を依頼する場合では、事前に周囲の住宅に居住されている方々の理解を得ておくことも大切な方法とされています。その方法では住宅の所有者が自ら挨拶回りを行うことも良い方法になり、解体工事を行う専門業者によっても個別に挨拶を行う場面も見られます。作業に関しては殆どの業者で騒音に対して一定の技術を施工することになり、例えば住宅の周囲には足場が設置されることになりますが、足場の外周には防音用のシートを利用して、住宅を囲むことも行われることが一般的になります。また、普通の木造住宅の場合では比較的早期に解体が進められ、騒音なども少ない傾向にありますが、RC物件の場合や、基礎部分にコンクリートを流し込んでいる住宅の場合では、音の問題と振動の問題が発生することになります。この部分については、現在では比較的振動が少なく、防音機能が備わった専用の重機なども用意されているために、古い時代と比較した場合では、かなりの防音効果を発揮することができます。また、解体工事を行う時間帯にも注意することも必要になるケースもあります。例えば早朝から工事に取り掛かったり、夜間の遅い時間帯まで作業を行う場合では、一般的な住宅街ならば通常ではトラブルに発展する可能性を持っているために避けることが必要とされています。しかし、現在では専門業者は既に数々のノウハウを持っていることが多いために、常に近隣住宅を配慮した作業を心掛け、細心の注意を払って作業を進めることになるために、大きな問題に発展することが少ない傾向にあります。