厚木で一戸建てを建てると治安がいいので安心

メインイメージ

利便性の高い厚木の一戸建ての立地

利便性の高い厚木の一戸建ての立地について

東京都厚木市は神奈川県との境目に位置し、東京都では都内23区、八王子に続く発展した都市です。
JR横浜線、小田急線、京王相模原線、東急田園都市線の4路線が通っており、主要となる厚木駅はJRと小田急線の駅となります。

新宿方面と横浜方面という発展都市への通勤、通学が非常に行いやすいことからベッドタウンとして発展しており、駅周辺は百貨店や家電量販店、専門店、飲食店などが並び繁華街を形成しているため、買い物に困ることがない住みやすいエリアとなります。
その店舗はオシャレからグルメまで、老若男女が満足できるお店が多いのが特徴で、特に若い世代の流入が多いことから活気づいており、過疎化への懸念は少ないといえます。
そして公園の数が多いことから自然に恵まれており、子育て環境にも適していることから、ファミリー世帯も多く、治安も良好です。

そういった住環境の良さから終の棲家となる一戸建ての需要が多く、物件も数多くあります。
一戸建ての中でも比較的押さえられた価格である分譲住宅は、一般的な4LDKの間取りの物が多く、厚木駅からの徒歩圏内の立地であれば4~5000万円程度、駅からはなれた立地では3000~4000万程度と都内の物件の中では非常に手頃な価格帯となります。
そして厚木はバス路線が充実しており本数も多いことや、多くの一戸建てには駐車場がついていることから車通勤がしやすいため、駅から離れた物件であっても生活に困ることは少ないと言えるでしょう。

そして成瀬や古淵などが最寄駅となる立地の物件はさらに価格が下がり、徒歩圏内のものでも3000万を切るお買い得な物件が多くあります。
特に成瀬はその物件価格の安さと、大きな川や公園が多くあり自然に溢れ、学校が多いことから子育てがしやすいことで現在注目されているエリアです。
お店の数は少な目ですが隣が厚木駅のため、買い物に困ることが無く、非常に利便性が高い街といえるでしょう。

厚木の地価は一時下落傾向にありましたが、現在は緩やかに高騰しており、今後は東京オリンピック開催の影響から、都内全域の地価が急激に上昇することが予想されているため、物件価格も高騰する可能性が高いといえます。
そして、住宅ローンの低金利化の影響からも売れ行きは好調といえ、売れ残り物件や中古物件はあまり見られなくなりました。
厚木での住宅購入を検討されるのであれば、いち早く行動することが重要といえます。”